通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたはなかなか回復しない”ひどい疲れ”に悩まされていませんか?
ちゃんと食事をとって、睡眠時間もとっているのに、いっこうに取れない疲れ・・・。
仕事中に寝てしまいそうになるので、なんとかしたいものですよね。

さて、そんな慢性的な疲れですが、放っておくと「自律神経失調症」や「うつ病」などの疾病を引き起こすことがあります。
そのため、疲労が重症化しないうちに、「回復しやすい体」を作っておく必要があります。

とはいえ、なぜ疲労が溜まりやすくなっていて、どうすれば疲労が回復するのわかりませんよね・・・。
そこで、今回は、ひどい疲労感の原因と疲労を回復させるために取り入れてほしい生活習慣をご紹介します!
ぜひ、今日から実践し、疲れにくい体を作ってくださいね!

それではまいります!

ひどい疲労感を感じるのは「活性酸素」の増加が原因!?

あなたが疲れやすく、回復しにくい体になっている原因として考えられるのは、次の3つです。

 


1.活性酸素の増加
2.サイトカインの増加
3.セロトニンの減少


 

専門用語ばかりで、素人目には意味不明ですよね。
そこで、この章では、上記3つの原因について、わかりやすく解説いたします!

1.活性酸素の増加

疲労を感じるひとつの理由として、「活性酸素」の増加が挙げられます。
活性酸素とは、体内に酸素を取り込み、代謝するときに発生する物質のこと。
活性酸素は体内の細胞を酸化させるため、体に次のような変化をもたらします。

 


・老化
・シミ
・シワ
・動脈硬化
・ガン


 

困り吹き出し

活性酸素が増えると、細胞のはたらきが鈍り、回復に時間がかかるようになります。
結果として、疲労感が強くなり、体を動かすエネルギーがなくなってしまうのです・・・。

2.サイトカインの増加

疲労感が強く、やる気が出ないあなたは、「サイトカイン」が増加しているのかもしれません。
サイトカインとは、細胞から分泌されるタンパク質のこと。

通常、人はストレスを感じると、免疫力が低下します。
しかし、サイトカインのはたらきによって、ウイルスなどに侵されないよう対抗力を作るのです。

ただし、サイトカインが増加しすぎると、自分自身を攻撃し、脳が影響を受けてしまいます。

結果、やる気などが失われてしまうのです・・・。

3.セロトニンの減少

ストレスによって、疲労を感じているあなたは、「セロトニン」が減少しているのかもしれません。
セロトニンとは、「幸福ホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質のこと。

セロトニンとはなにか?効果と増やす方法をお伝えします!

以下の3つの物質が暴走しないよう、調節する役割があります。

 


・ドーパミン

喜びや快楽、意欲をもたらす働きがあります。
過剰になると過食や買い物依存、アルコール依存になります。

・ノルアドレナリン

緊張や不安、集中、積極性をもたらし、ストレスに打ち勝とうとするときに働きます。
過剰になると攻撃的になったり、ヒステリーを起こしたり、パニックになります。

・コルチゾール

ストレスに対抗するホルモン。
長時間分泌されつづけると、自律神経系や内分泌系にダメージを与えてしまいます。


しかし、日光を浴びない生活をしたり、食生活の偏りによって、セロトニンが分泌されないと、ストレスが溜まってしまい、ひどい疲労感に襲われてしまうのです・・・。

 


 

このように、あなたが感じている疲労にはさまざまな原因があります。
もしかすると、あなたは「まだ大丈夫・・・。」とも感じているかもしれませんね。

 

驚き吹き出し

しかし、このまま”ひどい疲れ”を放っておくと、健康を脅かすことになってしまいます。
そこで次の章では、疲労を放置することで、どのようなリスクがあるのかをでお伝えします!

ひどい疲れを回復させずに放置すると「蓄積疲労」や「うつ病」などのリスクが高まる!

あなたの体は、疲労によって、次のような症状を引き起こしていませんか?

 


・筋肉痛
・耳鳴り
・眼精疲労
・動悸
・めまい
・けいれん
・しびれ
・むくみ
・微熱
・吐き気
・怒りっぽくなる


 

もし、ひどい疲労感によって、上記のような症状が引き起こっているのであれば、注意が必要です。
なぜなら、上記の症状は、深刻な健康リスクにつながるからです・・・。

「まだ大丈夫・・・。」と我慢せずに、まずは、疲労を放置することによる以下のリスクについて知っておいてくださいね!

 


1.身体的な疲労によるリスク
2.精神的な疲労によるリスク


 

1.身体的な疲労によるリスク

もし、あなたが肉体的な疲労を感じているのであれば、「蓄積疲労」に陥るかもしれません。
蓄積疲労とは、日常の疲労が蓄積し、つねに強い疲労感を感じつづけている状態のこと。
蓄積疲労に陥ると、休養や食事、睡眠をとっても疲労が抜けなくなってしまいます。

また、蓄積疲労が何年もつづくと、自律神経失調症やうつ病、過労死などのリスクが高まります。

 

通常吹き出し

症状が軽いうちに、疲れにくい体を作っておきましょう・・・!

2.精神的な疲労によるリスク

次のようなことが原因で、精神的なストレスを抱えていませんか?

 


・仕事
・家事
・育児
・人間関係


 

精神的なストレスからくる疲労は、次のふたつの疾患を引き起こすことになります。

 


・ノイローゼ

別名、神経症。
心の衰弱が進み、不安状態や抑うつ、イライラなどの症状が出てしまう状態のことをさします。

・うつ病

過度のストレスによって引きおこる精神障害
命に関わる病気にも関わらず、自分がうつ病だと気づかない人が多いのが特徴です。


参考:NIPRO

このように、ひどい疲労感を放置し、体に蓄積させることで、重大な健康リスクを高めることになってしまいます。
そのため、ひどい疲れをとり、疲れにくい体を作ることが大切です。

 

笑顔吹き出し

そこで、次の章では、「疲労回復のために取り入れてほしい生活習慣」をご紹介します!

疲れにくい体を作る!疲労回復のために取り入れてほしい生活習慣3つ!

あなたの体から疲労感をとりのぞき、「疲れにくい体」を作るための生活週間は次の3つです。

 


1.活性酸素を減らす食生活
2.就寝の2時間まえに入浴をする
3.セロトニンの原料を取り入れる


 

なぜ、これらが疲れにくい体を作るのかを解説します!

1.活性酸素を減らす食生活

先ほど、疲れの原因は活性酸素が増えていることだとお伝えしました。
そのため、まずは活性酸素の発生を減らすために、次の生活習慣を取り入れる必要があります。

 


・喫煙を控える
・アルコールはたしなむ程度に
・軽めの運動をする
・ストレスを溜め込まない
・紫外線を浴びない


上記の生活習慣を取り入れたうえで、活性酸素を除去するために「抗酸化作用」のある栄養を摂取しましょう。
抗酸化作用のある食材・栄養素は次の通りです。

 


・ビタミンC

いちご、みかん、ピーマン

・ビタミンE

アーモンド、落花生、アボカド、うなぎ、豆腐、タマゴ

・ポリフェノール

赤ワイン、ブルーペリー、リンゴ

・カテキン

緑茶

・βカロチン

かぼちゃ、ニンジン、しそ、ほうれん草

・リコペン

トマト、スイカ

・アスタキサンチン

サケ、いくら、甘エビ、伊勢海老


 

笑顔吹き出し

上記の食品を、日常的に取るようにしてくださいね!

2.就寝の2時間まえに入浴をする

睡眠と入浴の力を活かして、疲労をとるなら、就寝の2〜3時間まえに入浴をしましょう。
半身浴や入浴はリラックス効果があるので、疲労をとるのに効果的です。

ただし、人は深部体温(脳や内臓の温度)が低下しないと寝ることができません。
そのため、寝る直前に入浴するのはNG。

寝る2時間前に入浴をおこない、眠るときにちょうど深部体温が低下するようにしましょう・・・!

3.セロトニンの原料を取り入れる

先ほど、精神的な疲労を感じる原因は、セロトニンの不足にあるとお伝えしました。
つまり、セロトニンの分泌を増やすことで、疲労感を取り除くことができます。

ちなみに、セロトニンは「トリプトファン」というアミノ酸から作られています。

セロトニンの分泌を増やしたいのであれば、セロトニンの材料である「トリプトファン」をじゅうぶんに摂取してくださいね。

ちなみに、トリプトファンは肉や大豆に多く含まれているので、肉や大豆を多めにとるとよいですよ!

トリプトファンとは?効果や副作用をわかりやすく伝えます!

当サイトでおすすめのトリプトファン・サプリメント

●ネムリナ(NEMULINA)

価格  通常7100円(税抜)のところ
5900円(初回1200円OFF)
評価  
成分 トリプトファン
・テアニン
・ミルクペプチド
・GABA
・カモミール
・クワンソウ

 

20代女性

今までは休息時間がみじかく、浅かったのが悩みでした。
ネムリナを飲むようになって、ホッとするようになり、しっかりと休息をとれるようになりました。
サプリだけで、こんなに実感があるなんて、思いもしませんでした。
朝起きたときもスッキリ感がちがって嬉しかったです。
ネムリナで質のいい休息をとっていきたいと思います。

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。