通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたはベッドに入ったのに、なかなか眠れずに困っていませんか?
明日は大切な用事があるのに、眠れずじまい・・・。
ベストコンディションが作れず、周りに迷惑をかけてしまうかもしれませんよね。

とはいえ、羊を何匹数えても眠くならないし・・・。
そこで、今回は、あなたが今すぐに眠れるよう、「入眠をサポートする食べ物や飲み物」をご紹介します。
ぜひ、ぐっすりと眠れるようになってくださいね!

それではまいります!

あなたが眠れないのは「交感神経」が活発になっていることが原因!

あなたは「自律神経」という言葉を知っていますか?

あなたがなかなか眠りにつけないのは、自律神経の乱れが原因です。
自律神経とは、あなたの心臓や血圧、消化器官を24時間動かし続けている神経のこと。
次のふたつに分かれます。

 


1.交感神経

活動しているときに優位になる神経
脈拍が速める、血圧が上がる、汗をかかせる、腸のはたらきを抑える

2.副交感神経

休息しているときに優位になる神経
脈拍が遅める、血圧を下げる、汗を引かせる、腸の消化を促進させる

交感神経と副交感神経の違いとは?自律神経の乱れを整える方法まで


上記のふたつは通常、日中は交感神経、夜は副交感神経と、交互に切り替わります。
しかし、なんらかの理由で切り替わりがうまくいかないと、夜なのに交感神経が活発になってしまい、眠れなくなってしまうのです・・・。

では、ぐっすりと眠るためには、どうすればいいのか?

答えは、「副交感神経に切り替える」ということ。
副交感神経を優位状態にするには、体をリラックス状態にさせる必要があります。

 

驚き吹き出し

そこで、次の章からは、心身をリラックスさせる成分が入った食べ物・飲み物をご紹介していきます。

眠気を誘う食べ物はタンパク質を多く含んだ食品!

この章では、眠気を誘う食べ物を紹介しています。
ただし、気をつけておいて欲しいのは、食べ物には即効性がないということ。

眠気を誘う食べ物というのは、どうしても、効果が出るまでにタイムラグが生じます。
なぜなら、消化・吸収に時間がかかるからです。
なので、もし安眠効果を得たければ、この章で紹介する食べ物は日常的に摂取してくださいね!

そんな、眠りを誘う食べ物は、次のふたつです。

 


1.トリプトファンを含んだ食品
2.グリシンを含んだ食品


 

なぜ、上記ふたつを摂取する必要があるのかを解説いたします!

1.トリプトファンを含んだ食品

ベッドに入ってから、すぐに眠りにつきたければ、「トリプトファン」を含んだ食品を食べましょう。
トリプトファンとは、タンパク質が豊富な食材に含まれるアミノ酸の一種。
次のような食品に含まれています。

 


・肉
・魚
・卵
・大豆


トリプトファンには、次のふたつのホルモンの分泌を促進させる効果があります。

 


・セロトニン

交感神経を優位にさせ、体を活動モードにしてくれるホルモン。
体内で作ることができないので、トリプトファンをもとに作られます。

セロトニンとはなにか?効果と増やす方法をお伝えします!

・メラトニン

周りが暗くなると(夜になると)分泌されるホルモン。
体を休息モードにし、眠気をもたらします。

メラトニンとは?睡眠や不眠とどのような関係があるの?


上記のふたつのホルモンは、体内時計を整え、夜にきちんと眠れるような生活リズムを作ってくれます。
そのため、トリプトファンを含んだ食品を摂取することで、質の高い睡眠をとれるようになるのです。

トリプトファンの効果や副作用、摂取方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ、読んでみてください!

トリプトファンとは?効果や副作用をわかりやすく伝えます!

2.グリシンを含んだ食品

すぐに眠りにつきたければ、「グリシン」を含んだ食品も食べましょう。
グリシンとは、体内でも作られるアミノ酸の一種。
次のような食品に含まれています。

 


・貝類
・甲殻類
・肉
・大豆


グリシンには、深部体温(脳や内臓の体温)を下げ、寝付きやすくする効果があります。
通常、人の深部体温(脳や内臓の体温)は起きているときに比べ、眠っているときに1℃低くなります。
つまり、夜眠る直前に深部体温が低下すると、ぐっすりと眠りにつきやすくなるのです。

グリシンを摂取すると手足の血流がよくなり、熱が放散され、深部体温が低下しやすくなります。

ぜひ、グリシンを含んだ食品を摂取してくださいね。

グリシンの効果や副作用、摂取方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ、読んでみてください!

グリシンとは?グリシンの睡眠効果や副作用、おすすめのサプリメントまとめ

 

通常吹き出し

続いて、眠気を誘う飲み物をご紹介します!

眠気を誘う飲み物No.1はカモミール!

あなたがもしも、寝付けず悩んでいるのであれば、「カモミールティー」を飲んでみてください。
「カモミール」とは、何千年も前からエジプトなどで、病気の治療に使われているハーブ。
脳の覚醒をおさえ、心身をリラックスさせる効果があります。

カモミールには、ほかにも次のような体調不良に効果があるとされています。

 


・風邪
・疲労
・イライラ
・不眠症
・リウマチ
・筋肉痛
・食欲不振


ハーブティーの効果と効能!睡眠の改善やリラックス効果がある

笑顔吹き出し

実際に、ヨーロッパでは数百年前から病気の治療に使われています。
それだけ、体の不調を整える、効果実証済みの飲み物なのです。

お茶やホットミルクは眠りに効果がない?

カモミールに並び、いろんなところで、眠りに効果があるとされるのが、以下のふたつの飲み物。

 


1.緑茶
2.ホットミルク


 

ですが、僕は、寝付けないときに上記のふたつを飲むことをオススメできません。
なぜ、オススメできないのかをこの章でお伝えします!

1.緑茶をオススメできない理由

緑茶に含まれる「テアニン」には、脳波を安定させ、心身をリラックスさせる効果があります。
そのため、眠りには一定の効果があると言えます。

しかし、緑茶には同時に「カフェイン」も含まれていますよね。
カフェインは、脳を覚醒させる効果があるので、眠れなくなる可能性もあります。

もし、緑茶に含まれているテアニンだけを取りたければ、サプリメントなどに頼りましょう。

以下の記事では、テアニンの効果や副作用、摂取方法について解説しています。
ぜひ、お読みください!

テアニンとは?テアニンの睡眠効果と厳選サプリメント3つ

2.ホットミルクをおすすめできない理由

ホットミルクの材料である牛乳には、「トリプトファン」が含まれています。
先ほどもお伝えしてように、トリプトファンは「セロトニン」「メラトニン」の分泌を促すため、安眠に一定の効果があります。

ただし、入眠効果のあるメラトニンは、セロトニンが分泌されてから、16時間後に分泌されるという特徴があります。
そのため、ホットミルクを飲んだからと言って、すぐに眠たくなるわけではありません。

もし、ホットミルクの安眠効果を活かしたければ、午前中に飲むことをオススメします。

 


 

いかがでしたか?

安眠をもたらす、飲み物や食べ物は多種多様です。
一気に全部とるには難しいので、ぜひ、少しずつ実践してくださいね!

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。