通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたは寝不足によって、肌荒れを起こしていませんか?
肌が荒れると化粧のノリが悪くなりますし、何より恥ずかしくて仕事を休みたくなりますよね・・・。

さて、ところであなたは、なぜ寝不足になると肌が荒れるのか知っていますか?
寝不足によって肌が荒れるのは「寝不足が引き起こす体の不調」が大きく関わっているからです。
そのため、どれだけ肌のお手入れをしても、睡眠の質や量を改善しなければ、肌の調子が良くなることはありません。

では、お肌のコンディションを整えるためにはどうすればいいのか?

答えは、「眠りの質を改善する」ということ。
とはいえ、どうすれば眠りの質を改善できるのかも分かりませんよね・・・。

そこで、今回は、寝不足が肌荒れにつながる理由と、寝不足を改善する方法をお伝えします。
ぜひ、記事内で紹介されている方法を今日から実践してくださいね!

それではまいります!

寝不足は肌が荒れのもと!肌トラブルの原因は「細胞分裂の減少」「活性酸素」「自律神経の乱れ」!

寝不足によって、肌荒れや肌トラブルが引き起こる理由は次の3つです。

 


1.皮膚が細胞分裂をすることができない
2.ストレスによって活性酸素が発生する
3.自律神経が乱れ皮脂が増える


 

1.皮膚が細胞分裂をすることができない

一般的に、ツヤのあるお肌を保つには、肌が自らおこなう細胞分裂がかかせませんよね。
細胞分裂をすることで、肌が生まれ変わり、肌のコンディションを保ちます。

しかし、この皮膚の細胞分裂、眠っているあいだに行われるので、寝不足になると回数が少なくなり、肌荒れが引き起こってしまうのです・・・。

 

驚き吹き出し

「寝不足はお肌の敵」と言うのは、そのためなんですね・・・!

2.ストレスによって活性酸素が発生する

僕たち人間は、職場や家庭などの人間関係によってストレスを受けると、体内で「活性酸素」が発生します。
活性酸素とは、物質の酸化を強める酸素のこと
体内で活性酸素が増えると、次のような状態になります

 


・しみ
・シワ
・動脈硬化
・老化
・疲労


 

実は、睡眠中はこの活性酸素を除去するために「メラトニン」というホルモンが働きます。
しかし、睡眠不足になると、メラトニンが活性酸素を除去する機会がなくなり、肌荒れやシミ、シワに繋がってしまうのです・・・。

以下の記事では、活性酸素を除去する「メラトニン」の効果や増やし方を解説しています。
ぜひ、お読みください!

メラトニンとは?メラトニンの効果と増やす方法

3.自律神経が乱れ皮脂が増える

僕たちの体には、「自律神経」という神経があります。
自律神経とは、人間が生きていく上で必要不可欠な機能を、24時間休まずに動かしつづける神経のこと。

例えば、自律神経は次のような機能を全自動で動かしています。

 


・心肺機能
・消化
・発汗、体温調節
・代謝
・ホルモンの分泌


 

寝不足になると、この自律神経のはたらきが乱れるため、上記の機能が正常に働かなくなります。
結果、ホルモン異常によって、皮脂が過剰に分泌され、ニキビなどの肌トラブルが発生してしまうのです。

以下の記事では、そんな「自律神経の乱れ」を整える方法を解説しています。
ぜひ、お読みください!

自律神経を整える3つの方法


 

このように、寝不足になると肌に発生するトラブルは増えてしまいます。
そこで、まずは「寝不足を引き起こすNG習慣」を知っておいて欲しいと思います。

 

笑顔吹き出し

NG習慣を知ることで、これからどんな生活をすればいいのかが分かりますからね!

あなたはやっていない!?寝不足になってしまうNG生活習慣6選!

あなたは、次のような生活を送っていませんか?

 


1.長い昼寝
2.夕方以降のカフェイン摂取
3.就寝直前に体を温める
4.寝るまえにスマホやPCを操作
5.日光を浴びない生活
6.寝るまえに飲酒


 

上記6つは、寝不足を引き起こしてしまうNG習慣です。
なぜ上記の項目が寝不足を引き起こしてしまうのかをお伝えします!

1.長い昼寝

あなたは普段、どれくらいの時間昼寝をしていますか?
昼寝が極端に長いと、夜寝付けなくなるばかりか、寝付けても眠りが浅くなってしまいます。

睡眠はあくまでも疲労をとるもの。
しかし、昼寝が長いと、夜寝る段階で疲労が溜まっていないので、体は眠る必要がなくなってしまいます。
昼寝をする場合は、できるだけ短い時間で抑えましょう。

 

通常吹き出し

できれば、20分以内に抑えると、夜寝るときにグッスリと眠れるようになりますよ!

2.夕方以降のカフェイン摂取

コーヒーや緑茶に含まれる「カフェイン」には、脳を覚醒する作用があります。
そのため、夕方以降にコーヒーや緑茶を飲むと、寝付けなくなり、寝不足になってしまうのです・・・。

 

驚き吹き出し

夕方以降はカフェインの入った飲料を飲むことを控えてくださいね!

3.就寝直前に体を温める

人の体は起きているときに体温が高く、寝ているときは体温が下がります。
その差は、約1℃。

すなわち、体温が低い状態でなければ、心地よい眠りにつくことができないのです。
そのため、寝る前に熱い風呂への入浴や激しい運動をし、体温を上昇させてしまうと、心地よく眠れなくなってしまいます。

 

困り吹き出し

寝る前に体を温めるような行動は控えてくださいね!

4.寝るまえにスマホやPCを操作

寝る前にスマホやPCの操作をおこなっていると、眠れなくなるばかりか、不眠症を招くこともあります。
というのも、スマホやPCから発せられる「ブルーライト」には、脳を覚醒させる効果があるからです。

ブルーライトと睡眠の関係について知りたい方は、以下の記事を読んでみてくださいね!

寝る前のスマホ使用は何時間前まで?ブルーライトの軽減方法

5.日光を浴びない生活

「なかなか眠れない・眠りが浅い」原因のひとつに「メラトニン」の減少があげられます。
メラトニンとは、夜になると分泌されるホルモンのこと。
体を睡眠モードにする作用があります。

このメラトニン、朝や日中に太陽の光を浴びておくことで、分泌が促進されます。

つまり、普段から日光を浴びない生活を送っていると、メラトニンが分泌されず、寝不足になりやすいのです・・・。

メラトニンとは?メラトニンの効果と増やす方法

 

笑顔吹き出し

日光を浴びることで寝不足は解消されても、お肌の天敵であるUVを浴びることになってしまうので、元も子もないような気がしますよね・・・。
しかし、この続きでメラトニンの生成を増やせるような方法をお伝えします!

6.寝るまえに飲酒

寝るまえにお酒を飲むと、いっけん眠りやすそうな気がしますよね。
しかし、それは真反対。

実は、眠るまえにアルコールを飲むと、体内で「アセトアルデヒド」という物質が生成され、眠りが浅くなってしまうのです。

眠るまえにアルコールを摂取するのは控えてくださいね。

 


 

このように、寝不足を引き起こす生活習慣はさまざまです。
この章でお伝えしたNG習慣を避けつつ、次の章でお伝えする「安眠して寝不足を解消する方法」も実践してくださいね!

お肌トラブルを避けるには眠ること!メラトニンを増やして快眠しよう!

寝不足を解消する方法をお伝えするまえに、あなたに知っておいてほしいことがあります。
それは、人間の体内時計を作っている次のふたつのホルモンのこと。

 


・セロトニン

体を活動モードにしてくれるホルモン
日光を浴びることで作られます。

・メラトニン

周りが暗くなると(夜になると)分泌されるホルモン
体を睡眠モードにしてくれます。


 

人間の体は、上記のふたつのホルモンが、日中と夜に交互に分泌されることで、活動と睡眠のリズムを作っています。

すなわち、このセロトニンとメラトニンが適切なタイミングで分泌されれば、きちんと熟睡することができ、寝不足を解消できるのです・・・!

この章では、セロトニンとメラトニンの分泌のタイミングを整えるための、以下の3つの方法をお伝えします。

 


1.起床後は太陽の光を浴びる
2.夜間に強い光を浴びない
3.トリプトファンを摂取する


 

1.起床後は太陽の光を浴びる

セロトニンは太陽の光を浴びることで、体内で作られます。
また、メラトニンはセロトニンがもととなり作られるホルモンでもあります。

そのため、朝起きたらカーテンを開け、朝日を浴びるようにしましょう。
日光を浴びることで、セロトニンが分泌されるので、夜にはメラトニンが分泌され、快眠できるようになります。

ちなみに、太陽の光なみに強い光を浴びることができる「光目覚まし時計」もあるので、気になる方は以下の記事を読んでみてくださいね!

光目覚まし時計inti4の効果と口コミ!実際はどうなの・・・?

2.夜間に強い光を浴びない

強い光はセロトニンを合成するのに役立つ反面、メラトニンの分泌の邪魔をしてしまいます。
つまり、寝る前に強い光を浴びると、メラトニンが正常に分泌されなくなるのです。
コンビニなどへの外出やスマホ・PCの光は避けるようにしましょう・・・!

3.トリプトファンを摂取する

「トリプトファン」とは、セロトニンの材料になるアミノ酸のこと。
つまり、トリプトファンを摂取しなければ、メラトニンが作られることもないのです。

トリプトファンを効率よく摂取する方法は、以下の記事で解説しています。
ぜひ、読んでみてくださいね!

トリプトファンとは?効果や摂取方法について!

当サイトでおすすめのトリプトファン・サプリメント

●ネムリナ(NEMULINA)

価格  通常7100円(税抜)のところ
5900円(初回1200円OFF)
評価  
成分 トリプトファン
・テアニン
・ミルクペプチド
・GABA
・カモミール
・クワンソウ

 

20代女性

今までは休息時間がみじかく、浅かったのが悩みでした。
ネムリナを飲むようになって、ホッとするようになり、しっかりと休息をとれるようになりました。
サプリだけで、こんなに実感があるなんて、思いもしませんでした。
朝起きたときもスッキリ感がちがって嬉しかったです。
ネムリナで質のいい休息をとっていきたいと思います。

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。

 

第2位:ネムリス (nemlis)

価格  30日分:通常価格7000円のところ
5670円(1330円OFF)
10日分:通常価格2480円のところ
1890円(590円OFF)
評価
成分 ・ラフマ葉エキス
・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・テアニン
・クワンソウ

 

30代女性

ベッドに入っても、眠れない毎日で、夜が来るのが不安でした。
年齢のせいだと諦めていましたが、ネムリスを試し、今までの悩みが嘘のように楽しい毎日です。

 

第3位:グッドナイト27000

価格  通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
毎月500名限定
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。