通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたは朝起きたときのヒドい寝癖に困っていませんか?
髪の毛が短いひとほど、ボサボサになりやすいと言われているこの寝癖。
朝から寝癖なおしをするのは、とても面倒くさいですよね・・・。

かと言って、帽子をかぶって寝るのも避けたいところ。
そこで、今回の記事では、寝癖の原因と予防方法をお伝えします。
ぜひ、朝からビシッと決まったヘアスタイルでお過ごしください!

それではまいります!

寝癖がついてしまう原因は「髪の毛の湿り」と「寝相の悪さ」!

ところで、あなたは寝癖がついてしまうのはなぜだか知っていますか?
寝癖の予防方法を知るまえに、寝癖がついてしまう原因を知っておけば、より自分にあった予防方法を見つけられるかもしません。

そこで、この章では寝癖がついてしまう以下のふたつの原因について、ご紹介します。

 


1.髪の毛の湿り
2.寝相の悪さ


 

1.髪の毛の湿り

朝起きたときにヒドい寝癖がついてしまう原因のひとつが、髪の毛の湿りによる「水素結合」です。
水素結合とは、水分が乾くときに、その形状のまま固まってしまう現象のこと。

例えば、洗濯したタオルをシワシワのまま放置していると、シワがついたまま乾いてしまいますよね。
それと同様に、髪の毛が濡れた状態で眠っていると、水分が乾くときにその形状のまま固まり、寝癖となってしまうのです・・・。

 


・ドライヤーで完全に髪の毛を乾かせていない

ちゃんと乾かすのが面倒くさい
ドライヤーする場所が暑い
ドライヤーが弱くて時間がかかる

・寝汗がひどい

眠る直前に入浴する
睡眠環境が悪い
眠りが浅い


 

困り吹き出し

上記の条件に当てはまる方は、注意してくださいね!

2.寝相の悪さ

髪の毛が湿っていなくても、寝癖がついてしまうことがあります。
例えば、寝相が悪い人がそうです。

寝返りをうったり、寝姿勢を変えるときに、頭や枕で髪の毛を巻き込み、そのまま癖がついてしまいます
寝相が悪くならないよう、睡眠環境を整えることが必要です。

 


 

このように、寝癖がついてしまうのは、髪の毛の湿りや寝相が原因です。
では、これらの原因にアプローチし、寝癖を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

驚き吹き出し

次の章では、朝起きたときのヒドい寝癖を予防する方法をお伝えします。

寝癖を予防する方法!寝るまえの習慣を改善し寝癖をなくそう!

先ほど、寝癖がついてしまうのは、髪の毛の湿りや寝相が原因だとお伝えしました。
そんな寝癖がついてしまう原因にアプローチし、寝癖を予防する方法はつぎの3つです。

 


1.髪の毛をきちんと乾かす
2.寝汗をかかない睡眠環境を整える
3.寝癖のつかない寝姿勢をキープする


 

ひとつひとつ解説していきます!

1.髪の毛をきちんと乾かす

髪の毛の乾かし方には、自然乾燥とドライヤーを使う方法があります。

ここではドライヤーを使う方法をお伝えします。
ドライヤー乾燥でも、水で流さないトリートメントを使えば、傷みにくいので試してくださいね。


1.水気を取り、タオルドライする

どれだけ強いパワーを持ったドライヤーでも、絞れるほどの水気がある髪の毛を乾かすのは大変です。
まずは、手で絞ったり、タオルで余分な水気をとってからドライヤーをかけましょう。

2.ドライヤーで全体を根元からさっと乾かす

髪の毛のキューティクルは根元から毛先にむかってならんでいます。
また、毛先は傷みやすく、乾きやすいので、まずは根元を乾かし、最後に毛先を乾かすようにしましょう。
まずは、8割ていど乾かしてくださいね。

3.いちど髪の毛を冷ましてから、仕上げのドライヤー

盲点ですが、ドライヤーで乾かした髪の毛は、温まっているので、濡れているかがわかりにくいです。
しかし、いちど冷ましてから触ってみると、濡れているのを感じることができます。
このまま寝てしまうと、寝癖がついてしまうので、最後の仕上げを行いましょう


 

2.寝汗をかかない睡眠環境を整える

寝汗をかくことで、髪の毛が湿り、寝癖の原因となってしまいます。
そこで、寝汗をかかないように注意すべきポイントをお伝えします。

 


・寝る直前にアルコールを摂取しない

寝る直前にアルコールをとると、入眠時の体温が上がり、寝汗をかいてしまいます。
また、アルコールは眠りを浅くする作用があるので、摂取には気をつけてください。

・寝る直前に入浴しない

寝る直前に体温を高めると、寝汗をかきやすくなります。
また、体温が上がることで入眠が難しくなります。

・寝る直前に運動しない

寝る前の入浴と同様に、寝る直前に体温を高めてしまうので、寝汗をかきやすくなります。
また、体温が上がることで入眠が難しくなります。

・室温を調整する

室温が高いまま寝てしまうと、寝汗の原因となります。
寒い夜は暖房をつけたまま寝てしまいがちですが、切タイマーを設定するなどして、室温を調整してくださいね。

・スウェットやジャージではなく、パジャマを着る

パジャマは、布団の中の温度や湿度をコントロールする作用があります。
パジャマを着ることで、寝汗をかきにくくなり、心地よい眠りにつくことができるのです。

パジャマで寝る習慣がない人は、以下の記事で「パジャマの選び方」をお伝えしているので、ぜひお読みください。

パジャマが快眠をもたらす理由とおすすめパジャマの選び方4つ


 

3.寝癖のつかない寝姿勢をキープする

寝癖がつきにくい寝姿勢は仰向けです。
なので、仰向けで寝るクセをつけると、寝癖がつきにくくなります。

しかし、仰向けで寝ても、寝返りをうったときに、寝癖がついてしまうことがあります。
そこで、寝返りの回数を減らす工夫をする必要があります。

ちなみに、寝返りの回数を減らすには、熟睡する必要があります。
以下の記事で、熟睡するための方法をお伝えしているので、読んでみてください。

寝返りを減らし、熟睡する方法

 


 

困り吹き出し

このように、寝癖を予防する方法はさまざまです。
しかし、上記のような方法を試しても、寝癖が改善できない方はどうすればいいのでしょうか?

どうしても寝癖をなくすことが難しいのであれば早く起きるしかない

色々試したけれど、どうしても寝癖がなくならないという方は発想を変えてみましょう。

例えば、寝癖がつくことは仕方ないとして、朝シャンやブローをする時間を確保できるよう、早起き習慣を取りいれるという方法もあります。

もちろん、「早起きは苦手だ・・・。」という方も多いはずです。
しかし、寝癖のことをいちいち心配しなくてよくなるというメリットもあります。
ぜひ、早起き習慣を取り入れてみてくださいね。

もし、朝が苦手だという方は、以下の記事を読んでみてください。
朝から二度寝せずにすっきりと起きる方法を解説しています。

二度寝は逆に疲れる!二度寝が引き起こすリスクと改善方法2つ


 

いかがでしたか?

どれだけ予防策をほどこしても、やはり、寝癖はついてしまいます。
なので、あまり寝癖に対して躍起にならず、「仕方がないことだ・・・!」と思うようにしてみてくださいね。

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。