通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたは睡眠薬を服用しようと考えていませんか?
睡眠薬は、一般的に病院などで処方され入手することができます。
しかし、最近では市販薬も種類がたくさんあり、どれを選ぶか迷ってしまいますよね・・・。

さて、そんな睡眠薬を服用するうえで気をつけたいのが、「副作用」

睡眠薬も、種類によっては効果があまりにも強く、麻酔として使われているものも存在します。
自分の体に合った睡眠薬を選ぶことができなければ、以下のような症状があらわれることもあるのです・・・。

 


・睡眠薬の効果が切れず、起きれなくなる
・ふらつき
・物忘れ
・攻撃的になる


 

睡眠薬には、上記のような副作用があります。
そのため、副作用が起きないよう、睡眠薬に対する知識を蓄えておく必要があります。

今回は、そんな睡眠薬の種類や服用方法、睡眠薬にたよらずに眠りにつく方法をお伝えします。
ぜひ、充実した睡眠習慣を手に入れてくださいね・・・!

それではまいります!

睡眠薬とは不眠を改善したり、眠りの質を高めるために服用する薬のこと

冒頭でもお伝えしましたが、睡眠薬とはなかなか寝付けない人が、すぐに眠れるようにするための薬のこと。
「睡眠導入剤」「眠剤」などと呼ばれることもあります。

一般的に、睡眠薬は眠気を強めるために、人の体へ2種類のアプローチを行います。
種類によって、そのアプローチ方法も異なるので、以下のふたつから自分にあったものを選びましょう。

 


1.脳の活動を弱める睡眠薬
2.自然に眠気を強める睡眠薬


 

ひとつひとつ解説いたします!

1.脳の活動を弱める睡眠薬

人の体内には「GABA(ギャバ)」と呼ばれる、脳の興奮をおさえる神経伝達物質が存在します。
睡眠薬によっては、このGABAのはたらきを強め、脳の活動を弱めることで、眠気をさそうものがあります。

代表例としては以下のとおりです。

 


・ベンゾジアゼピン系

安全性があり、効果もある系統

・非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系で起こりうる副作用の発症を極力減らしたもの
ベンゾジアゼピン系よりも安全性が高い系統

・バルビツール酸系

麻酔として使われることもあるほど、強力な効果がある
副作用も強力なため、不眠症の改善には使われない系統


 

2.自然に眠気を強める睡眠薬

あなたは「メラトニン」という物質を知っていますか?
メラトニンとは、夜になると分泌されるホルモンのこと。
体を睡眠モードにしてくれるため、「睡眠ホルモン」と言われています。

メラトニンとは?睡眠や不眠とどのような関係があるの?

睡眠薬によっては、このメラトニンの分泌を促すことで、体が自然と眠たくなるように仕向けてくれるものがあります。
自然な眠りをさそうため、効果は個体差がありますが、依存性が低いのが特徴です。

代表例としては以下のとおりです。

 


・メラトニン受容体作動薬

メラトニンというホルモンを活かし、眠気をもたらす
自然な睡眠を促すので、安全性が高いが効果が弱い

・オレキシン受容体拮抗薬

脳が覚醒状態を保持するために働く「オレキシン」の活動を阻む
安全性が高い


 

驚き吹き出し

睡眠薬には、それぞれ系統があり、自分にあったものを選ぶ必要があります。
睡眠薬を受け取るまえには、かならず、その睡眠薬がどの系統のものか確認するようにしましょう。

参考:元住吉こころみクリニック

睡眠薬は飲み合わせによっては副作用を引き起こすことも!

ここまで、睡眠薬の分類についてお伝えしてきました。
ただ、分類さえ知っていれば、適当に服用してよいわけではありません。
なぜなら、睡眠薬は服用のしかた次第では、大変な副作用を引き起こすことがあるからです。

この章では、睡眠薬を服用するうえで気をつけたい3つのポイントをお伝えします。
もし、睡眠薬を服用するなら守ってくださいね!

 


1.起床予定時刻よりも7時間まえに服用する
2.アルコールと一緒に服用しない
3.用法・用量を守る


 

1.起床予定時刻よりも7時間まえに服用する

睡眠薬は、どれだけ効果の持続時間が短いものでも、服用から7時間は効果がつづきます。
つまり、起床予定時刻から7時間まえには飲んでおかないと、「朝起きられない・・・!」なんてこともありえるのです。

もし、あなたが午前7時に起きる予定なら、午前0時までに服用するようにしてくださいね!

2.アルコールと一緒に服用しない

睡眠薬の効果を強めるために、アルコールと一緒に服用する方が多く見られます。
確かに、アルコールと一緒に服用することで、効果が強くなりそうですよね。

しかし、実は、アルコールと睡眠薬の飲み合わせは最悪なのです。

同時に摂取すると、最悪の場合、以下のような副作用を引き起こすこともあります。

 


・睡眠薬の効果が切れず、起きれなくなる
・ふらつき
・物忘れ
・攻撃的になる


 

睡眠薬を服用するときは、水やぬるま湯と一緒に飲むなど、薬剤師の方から受けた指示を守るようにしてくださいね。

3.用法・用量を守る

睡眠薬は、服用後も副作用が起きないよう、開発者が念入りに用法・用量を決めています。
そのため、「市販薬であればパッケージ」、「処方薬であれば薬剤師の指示」で定められた用法・用量を守ることが大切なのです。

 


 

困り吹き出し

もし、睡眠薬を服用するときは、以上のポイントを守ってくださいね・・・!

睡眠薬のデメリットは依存性と副作用

睡眠薬には、以下のようなメリットがあります。

 


・とりあえず服用するば眠ることができる
・精神的に不安定になった場合、すぐに落ち着かせることができる


 

しかし、一方でデメリットも数多くあります。
その代表例が以下の3つです。

 


1.副作用
2.依存性が高い
3.急にやめると離脱症状が起きる


 

それぞれ、どのようなものかを解説します。

1.副作用

先ほどもお伝えしましたが、睡眠薬には副作用があります。
もちろん、飲み合わせが悪ければ副作用は起こりますが、それ以外にも、ただ服用しただけで副作用があらわれることがあるのです。

副作用の事例は以下のとおりです。

 


・眠気が朝まで残る
・ふらつき
・物忘れや記憶障害
・倦怠感・脱力感
・攻撃的にな行動を起こす


 

2.依存性が高い

睡眠薬は依存性が高いのが特徴です。
例えば、あなたが夜、眠れずに副作用を服用したとしましょう。
そして、次の日も、その次の日も服用することで、睡眠薬の効果が切れたときに、体が自動的に睡眠薬を欲しがるようになります。

結果として、睡眠薬に依存しなければ、眠れない体になってしまうのです・・・。

3.急にやめると離脱症状が起きる

睡眠薬を継続的に服用していた場合、いきなり服用をやめると「離脱症状」が起きる場合があります。
離脱症状とは、薬の量を減らしたり、断薬することで現れる症状のこと。
睡眠薬の離脱症状は以下のとおりです。

 


・不眠
・不安
・イライラ
・焦燥
・吐き気
・抑うつ


 

参考:「睡眠薬に頼る人」に伝えたい身体へのリスク

このように、睡眠薬にはさまざまなデメリットがあります。
ときには、あなたの体をむしばむこともあるほどです・・・。

笑顔吹き出し

そこで、あなたにはできるだけ睡眠薬に頼らずに、「眠れる体づくり」をして欲しいと思います。

睡眠薬に頼らずに眠れる体を作るための3つの方法

睡眠薬に頼らずに眠れる体を作るための3つの方法は以下のとおりです。

 


1.「テアニン」を摂取する
2.「メラトニン」の分泌量を増やす
3. 睡眠環境を整える


 

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

1.「テアニン」を摂取する

「テアニン」とは、お茶に含まれる旨み成分のこと。
摂取することで、以下のような効果があります。

 


・ストレス緩和
・リラックス作用
・睡眠の質を高める


 

テアニンを摂取するなら、サプリメントがオススメです。
なぜなら、テアニンが多く含まれるお茶を飲むと、夜中トイレに行く回数が増えるからです。
テアニン摂取するなら、サプリメントを活用しましょう・・・!

テアニンとは?テアニンの睡眠効果と厳選サプリメント

2.メラトニンの分泌量を増やす

寝るまえに強い光を浴びると、「メラトニン」の分泌量が低下します。
メラトニンとは、体温や血圧、脈拍を低下させ、体を睡眠モードにする物質のこと。

メラトニンとは?睡眠や不眠とどのような関係があるの?


寝るまえに強い光を浴びると、このメラトニンの分泌量が低下してしまいます。
そのため、寝るまえはできるだけ光を浴びないようにしましょう。
とくに、スマホやタブレット、PCなどの電子機器から出るブルーライトには注意してくださいね!

余談ですが、メラトニンは「トリプトファン」という物質から生成されます。
トリプトファンの効果や摂取方法を以下の記事で解説しているので、ぜひお読みください。

トリプトファンとは?効果や副作用をわかりやすく伝えます!

 3.睡眠環境を整える

あなたはどんな部屋で眠っていますか?
そもそも、あなたの寝室が睡眠に適した環境ではないかもしれません。
「質の高い眠りができない・・・!」という方は、以下で紹介することを、ひとつでもいいので実践してみてくださいね!

 


・パジャマで寝る
・眠りやすい温度や湿度を作る
・カーテンなどで外から光が入らないようにする
・体に合ったマットレスや枕をつかう


 

いかがでしたか?

睡眠薬は、すぐに眠ることができる反面、たくさんのデメリットがあります。
できるだけ、睡眠薬に頼らない方法で、眠るようにしましょう・・・!

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。