通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたはベッドの中でスマホをいじっていて、眠れなくなることはありませんか?
ベッドに入ってから、SNSのタイムラインや動画を見続けた結果、「朝起きられない・・・。」なんてこともあるはずです。

あなたも知っているように、スマホからは「ブルーライト」という光が発せられています。
ブルーライトとは、光の一種。
ブルーライトを浴びると脳が覚醒してしまうため、夜眠るまえのスマホは不眠の原因になってしまうのです・・・。
そのため、10代の若い世代のなかには、スマホ依存によって昼夜逆転している子もいるほど。

もちろん、あなたもそんなことはわかっているはずです。
しかし、眠るまえにどうしても返しておきたいメッセージなどがあると、スマホをいじる羽目になってしまいますよね・・・。

そこで、今回はブルーライトと脳の仕組みやブルーライトを軽減する方法をお伝えします。
ぜひ、あなたも睡眠習慣を改善してくださいね!

それではまいります!

夜寝るまえにスマホをいじるとブルーライトの影響で眠れなくなる!

先ほどもお伝えしましたが、スマホやパソコン、LED照明からは「ブルーライト」という光が発せられています。
ブルーライトは、人が目で見ることのできる光の中で、もっともエネルギーが強いという特徴があります。

そのため、ブルーライトを浴びるタイミングや浴びすぎによって、あなたの体には次のような影響があります。

 


・眼精疲労

ブルーライトは、目に見える光の中でもっともエネルギーの強い光です。
そのため、ブルーライトを見続けることで、網膜を傷めてしまうことがあります。
また、ブルーライトによる網膜へのダメージを軽減しようと、瞳孔を閉じる筋肉が活発に使われるため、眼精疲労や視力の低下にもつながります。

疲労回復に効果的な睡眠・食事・入浴の仕方

・眠れなくなる

ブルーライトは「メラトニン」の分泌を妨げてしまいます。
メラトニンとは、夜になると分泌されるホルモン。
メラトニンが正常に分泌されると、体が睡眠モードに切り替わります。
ブルーライトを浴びることで、メラトニンの生成が邪魔されるので、眠りにつけなくなってしまうのです。

メラトニンとは?睡眠や不眠とどのような関係があるの?


 

このように、スマホなどの電子機器から発せられるブルーライトは、あなたの体から健康を奪いとってしまいます。

 

困り吹き出し

しかしこの時代、スマホを全く使用しないという生活を送ることはできないはずです。
そこで、次の章では、寝る何時間前までならスマホを触っていいのかをお伝えします。

ブルーライトの影響を受けたくないなら寝る2時間前にスマホいじりをやめよう!

もし、あなたが夜寝るまえにスマホを使用することを控えられるのであれば、寝る1〜2時間前にはスマホの使用を終えましょう。
寝る1〜2時間前にスマホの使用を終えることができれば、ブルーライトの影響を受けにくいので、すんなりと眠りにつくことができます。

ただ、なかには、「LINEを返さないと彼氏(彼女)から怒られる」という理由で、寝る直前までスマホを触らなければならない方もいるはずです。

そのような方は、ぜひ、次の方法を試してください。

スマホなどの電子機器から発せられるブルーライトの量を軽減することができます。

 


・ブルーライトをカットしてくれるメガネを使う
・ブルーライト対策用のフィルムをスマホに貼る
・スマホやパソコンの画面の明るさを下げる


 

笑顔吹き出し

ちなみに、僕も普段からブルーライトをカットしてくれる眼鏡を使っていますが、眠れなくなることが減りました・・・!

スマホ依存をやめられない・・・!そんな方はスマホ断ちをしましょう!

「夜寝るまえにどうしてもスマホを触ってしまう・・・。」

そんなあなたは、すでにスマホ依存の状態かもしれませんね。
この、スマホ依存は大変危険です。
先ほどもお伝えしたように、不眠状態になってしまうだけでなく、視力もどんどん失ってしまいます。

そこで、あなたにはぜひ、「スマホ断ち」をしていただきたいと思います。
もちろん、生半可な方法ではスマホを断つことはできません。
なので、次の方法を試してみてくださいね。

 


・主要アプリを削除する

あなたが寝るまえについつい開いてしまうのは、どのアプリですか?
TwitterやYouTubeなど、寝るまえについつい見てしまうアプリは削除しておきましょう。

また、Facebookメッセンジャーなどのメッセージアプリもできる限り削除し、パソコンでチェックするようにしてくださいね!

・ギガを下げる

スマホを触ってしまうのは、インターネットにつながるからです。
そこで、あなたのスマホからインターネットにつながる力を奪いとってしまいましょう。
契約しているデータ通信量を3GBから1GBに下げるなどの工夫をすることで、インターネットを使うことをためらうようになります。

・スマホを寝室に持ち込まない

最後は、スマホそのものを寝室に持ち込まないという方法です。
「スマホを目覚まし替わりに使っているから無理だよ・・・!」という方もいるかもしれません。
ですが、そんな言い訳は通用しません。
目覚まし時計を買ってくださいね。

 


 

いかがでしたか?

スマホなどの電子機器から発せられるブルーライトはあなたを不眠にしてしまうかもしれません。
スマホ依存にならないよう、今のうちに使い方を改めてくださいね!

また、もしも「スマホを使うのをやめたけど寝付けない」という場合は、以下の記事を読んでくださいね!

ベッドに入っても眠れないのはなぜ?入眠障害の原因と改善方法ふたつ

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。