通常吹き出し

こんにちは!
眠りの小次郎です。

突然ですが、あなたは普段寝ているときに、「バンザイ寝」をしていませんか?
バンザイ寝とは、片腕ないし両腕を上げた姿勢で寝ること。
一見、寝にくそうですが、本人はバンザイして寝る方がラクに感じます。

さて、このバンザイ寝ですが、長期的におこなっていると、次のような体の不調を起こすことがあるんです。

 


・冷え性
・四十肩や五十肩
・睡眠時無呼吸症候群


 

そのため、バンザイ寝がいくらラクだと言っても、なるべく早めに改善しておく必要があるのです。
そこで、今回は、そんなバンザイ寝による不調を引き起こさないためにも、以下のことをお伝えします。

 


・バンザイ寝の原因
・バンザイ寝の改善方法
・バンザイ寝により引きおこる不調


 

ぜひ、最後までお読みいただき、バンザイ寝を解消してくださいね!

それではまいります!

バンザイ寝になりやすい人の特徴とは?バンザイ寝の原因は姿勢のゆがみ!

冒頭でもお伝えしたように、「バンザイ寝」とは、片腕ないし両腕を上げた状態で寝る姿勢のこと。
バンザイ寝になりやすい人は、次のような特徴があります。

 


・事務作業やデスクワークが多い
・スマホを触る時間が長い
・首や肩、背中が凝っている
・鼻炎などにより鼻が詰まっている
・柔らかい布団で寝ている


では、なぜ上記のような方は、バンザイ寝をしてしまうのでしょうか?
その理由は次のふたつです。

 


1.十分な空気を吸い込めない
2.寝姿勢がアンバランス


 

それぞれ解説いたします!

1.十分な空気を吸い込めない

事務作業やデスクワークが多く、姿勢が歪んでいる方は、バンザイ寝をすることが多くなります。
なぜなら、姿勢が悪いと肺が圧迫され、じゅうぶんな酸素を吸い込めなくなるからです。

バンザイ寝をすることで、胸や肋骨が広がり、肺の圧迫を軽減することができます。
その結果、ラクに寝られるのです。

 

驚き吹き出し

バンザイ寝をしてしまうのは、あくまでも快適に眠るためなんですね・・・!

2.寝姿勢がアンバランス

あなたは普段、どんな敷布団(マットレス)を使っていますか?

もし、あなたがあまりにも柔らかい素材の布団を使っているのであれば、バンザイ寝をすることが多くなるでしょう。
というのも、柔らかい布団で寝ると腰が沈んでしまうため、体のバランスが悪くなるからです。

しかし、バンザイ寝をすることで、体はバランスを取ることができ、眠りやすくなります。

 

驚き吹き出し

寝具を見直すのも大切だということですね・・・!

バンザイ寝を続けるとどうなるの?バンザイ寝には「血行不良」や「睡眠時無呼吸症候群」などのリスクが!

冒頭でもお伝えしたように、あなたがこのままバンザイ寝を放置すると、体にさまざまな不調を抱えることになります。
その代表例が次の3つです。

 


1.血行不良
2.四十肩や五十肩
3.いびきや睡眠時無呼吸症候群


 

なぜ、バンザイ寝をすると、上記の不調を抱えることになるのかを解説いたします!

1.血行不良

バンザイ寝をすることで、心臓から肩、肩から手にかけて通っている動脈が伸びきってしまいます。
すると、血液の循環がうまくいかず、血行不良になってしまうのです。

血行不良になると、「冷え性」や「手の痺れ」、このあとお伝えする肩の不調にもつながります。

 

通常吹き出し

できるだけ早めにバンザイ寝を解消することが大切です。

2.四十肩や五十肩

バンザイ寝をすることで、肩の関節や、肩周りの筋肉、靭帯に大きな負担がかかります。
すると、肩に炎症が起き、血行不良も加担することで「四十肩」や「五十肩」に繋がってしまうのです。

3.いびきや睡眠時無呼吸症候群

両腕を上げた姿勢で眠ると、空気の通り道である「気道」が狭まってしまいます。

気道が狭まると、鼻呼吸では空気の吸入が間に合わず口呼吸状態になるため、いびきや睡眠時無呼吸症候群を引き起こしてしまうのです。

 

笑顔吹き出し

このように、バイザイ寝をし続けることで、あなたの体に深刻な不調を抱えることになります。
そこで、次の章では、「バンザイ寝を解消する方法」をお伝えします!

バンザイ寝の改善方法!血のめぐりや姿勢を整えよう!

この章では、バンザイ寝を根本改善するために、以下の3つの方法をご紹介します。

 


1.適度な運動と入浴を心がける
2.沈み込みの少ない寝具を使う
3.骨盤や背骨のゆがみを整える


 

それではまいります!

1.適度な運動と入浴を心がける

バンザイ寝のおもな原因でもある、「首・肩・背中のコリ」は、血行不良により引き起こります。
そのため、バンザイ寝を解消するなら、体内の血のめぐりを良くすることが必要です。
そこで、オススメなのが「適度な運動」と「入浴」。
運動と入浴を行うことで、血のめぐりをよくすることができ、バンザイ寝の解消につながります。

ちなみに、疲労をしっかりとるためには、どんな生活習慣がベストなのかを以下の記事でお伝えしています。
ぜひ、読んでみてくださいね!

ひどい疲れが取れない方は必見!疲労回復に効果的な睡眠・食事・入浴の仕方

2.沈み込みの少ない寝具を使う

先ほどもお伝えしたように、沈み込みの大きい寝具を使うと、体がバランスを取るためにバンザイ寝をしてしまいます。
そこで、オススメなのが、沈み込みの少ない「高反発マットレス」を使うということ。

高反発マットレスは、寝ている人の体重を分散させ、沈み込みを軽減してくれます。
また、まっすぐな姿勢作りのサポートもしてくれるので、バンザイ寝をしている方にはうってつけです。

ただし、高反発マットレスは、非常にお値段が高く、本当に自分にあっているものを選ばならければ損をしてしまいます。
以下の記事で、「高反発マットレスの選び方」をお伝えしているので、ぜひ、読んでみてくださいね!

失敗せずに済む!高反発マットレスの選び方とメリット・デメリット

3.骨盤や背骨のゆがみを整える

バンザイ寝のおもな原因のひとつに「姿勢の悪さ」があります。
ちなみに、姿勢のゆがみには、デスクワークや長時間のスマホ使用が重なり、なかなか改善することができません。
整体院などで改善することができるようですが、なかなかのお値段がしますし、「ホントに治るの・・・?」と思ってしまいますよね。

そこで、あなたにオススメなのが、「ストレッチ用のポール」を使うということ。

姿勢の悪い僕も愛用しているストレッチ用のポールですが、うえに寝ているだけで、背骨と骨盤のゆがみを調整してくれます。
また、背中や肩の筋肉もゴリゴリとほぐしてくれるので、肩や首のコリをほとんど感じなくなりました。

このポールの使い方は検索すると、たくさん載っているので、ぜひご自宅用に購入してみてくださいね!

当サイトでおすすめのストレッチ用ポール

●すっきりヨガポール

 

 

価格 2,180円(税込)
送料無料
評価  

 

20代男性

毎朝起きてすぐと寝る前にポールを使ってストレッチを行なっています。
日中の首の痛みや肩のこりがほとんど解消され、姿勢もまっすぐになったように感じます。
値段が高いのもありますが、2000円程度のもので十分に効果を実感しました!
かなりオススメです!

 

よく読まれている記事

当サイトで最も売れている睡眠サプリメントTOP3

第1位:グッドナイト27000

価格 通常6000円のところ、990円(83.5%OFF)
2回目以降5,184円(20%OFF)
※3回以上の継続しばりあり
評価  
成分 ・テアニン
・グリシン
・トリプトファン
・GABA
・ラフマ
・カモミール

 

20代女性

はやく布団に入っても、夜中に目が覚めてしまうことがあって、1日に4時間も眠れない状態。
さすがに限界だと思い、これを買いました。
ニオイなどはなく、パッと飲めるカプセルタイプで、自然と眠気が来るし、夜中も目が覚めません。
朝の目覚ましで、気持ちよく起きられるのが、うれしいです。

 

第2位:マインドガードDX (nemlis)

価格 通常価格8,625円のところ
1回だけお試し価格:6,810円(1330円OFF)
※都度購入
評価
成分 ・グリシン
・GABA
・トリプトファン
・天然ノニ
・レスベラトール
・イヌリン
・クワンソウ
・香酢

 

30代女性

仕事の悩みやストレスから、もやもやした気分で、ベッドに入っても休めないことが多く、なにか改善する方法はないかとネットを調べていました。
マインドガードを飲み始めてからは、気分の落ち込みが少なくなり、心地よく休息できるようになっています。

 

第3位:潤睡ハーブ

価格 通常5980円のところ1980円(初回66%OFF)
2回目以降もずっと3990円(33%OFF)
10日間安心返金保証付き
評価
成分 ・クロレラ
・GABA
・ラフマエキス
・金時しょうが
・ヒハツ
・クワンソウ

 

40代女性

専業主婦という立場で、家事と育児に追われる毎日。
イライラしてしまって子どもに怒鳴ったりしてしまっていました。
そんな自分にさらにいやになっていってしまって・・・。
そんなことを考えていたら、「いつの間にか朝」なんてことも頻繁に。
「なんとかしなきゃ」と思っていたら、ママ友から教えてもらったのが潤睡ハーブでした。
自分でも不思議なんですけど、休息できたら、すっごくその日が爽快に感じて・・・。
嫌だった家事も育児も楽しくなれるようになりました。